トップアスリート(スポーツクライミング選手)採用のお知らせ

2017年09月19日 住友電装株式会社

住友電装株式会社(本社:三重県四日市市、社長:川井 文義)は、国際大会で活躍が期待されるスポーツクライミング選手を9月18日付けで採用いたしました。

三重県は、2021年に開催される国民体育大会「三重とこわか国体」を見据え、「三重県競技力向上対策基本方針」等を策定し、スポーツ選手の育成・強化、スポーツの振興を通じた地域活性化に取り組んでおり、その推進事業の一つとしてトップアスリートの就職支援を行っています。

当社はこのような三重県の取り組みを支援するとともに、当社においても、選手の活動・活躍を通じて社内に夢・希望・活力を与え、さらに、連帯感の醸成を期待し、今般、ワールドカップ・ボルダリング種目やリード種目での実績があるトップアスリートを採用したものです。なお、当社のアスリート採用は女子ラグビー競技に続き、今回で2競技めとなります。

今後も、当社は、県内のアスリート支援や育成、スポーツ振興に向け、積極的に取り組んでまいります。

<選手プロフィール>

氏名 渡部 桂太(ワタベ ケイタ)
主な実績 16年ボルダリングW杯 23位(年間ランキング)
17年ボルダリングW杯 4位( 〃 )
今後の予定 10月:えひめ国体(三重県代表選手として)
10月:17年リードW杯(中国)
11月:17年リードW杯(スロベニア)

<本人コメント>

この度、住友電装株式会社に入社することになりました渡部桂太です。
今後はより競技に専念できる環境が整うと思います。
2020年の東京オリンピックや2021年の三重とこわか国体で活躍できるよう頑張ります。
ご声援よろしくお願いいたします。

以上

本件に関するお問い合わせ先

総務部広報・CSRグループ TEL 059-354-6201

SWSアーカイブ