自動車用ワイヤーハーネス

あなたとクルマをつなぐ自動車用ワイヤーハーネス

自動車はボタンひとつでエンジンがかかるなど、様々な機能を電子制御により動かしています。
自動車の機能増加に伴い、搭載される電子機器は増加しています。それらの機器をつなぎ、電力や信号を車内のすみずみまで伝える役割となる製品が「ワイヤーハーネス」です。人間に例えると、血管や神経に相当する重要な部品です。

高強度アルミハーネス

昨今の自動車は、低燃費、安全、快適性が求められ、それに伴い1台あたり20~30kgにもなるワイヤーハーネスの軽量化が重要となります。こうしたなか、当社グループでは、従来、銅電線を用いていたエンジンハーネスに「高強度アルミ合金電線」を搭載し、軽量化、低コスト化を図りました。

特長

当社グループは、従来のアルミ電線よりも高強度・屈曲性に優れた「高強度アルミ合金電線」を用いて、高強度アルミハーネスを開発しました。エンジンハーネスとして世界で初めて「高強度アルミ合金電線」が採用され(電線本数の20%強)、従来よりも軽量、低コストなワイヤーハーネスとなっています。

技術

新開発の「高強度アルミ合金電線」は銅電線以上(標準アルミの約2倍)の強度及び屈曲性能を持ちます。それにより電線の細径化及びエンジンの振動・屈曲部位へ適用可能となりました。

スライドドア用ハーネス

ミニバンなどのスライドドアに使用されています。ドアが開閉のどの状態にあってもドア内の電装品へ電気(電力、信号)を伝えることが可能です。

特長

  1. 動作軌跡安定(いつも同じ所を通る)
  2. 小さいドア内スペースで成立
  3. 異音発生無し

技術

ケーブルベヤ(キャタピラ)と回転部品を組み合わせる事により、安定した動作軌跡を確保しつつ、さまざまなスライドドア開閉軌跡に対応できます。

パイプハーネス

電動化車両に搭載される高電圧ハーネスで、車両床下に搭載されます。アルミニウムパイプを使用することで省スペース化、軽量化、低コストを実現しています。

特長

高電圧ハーネスにアルミニウムパイプを使用することで以下のような機能を満足します。

  • ・電磁シールド機能
  • ・走行時の飛び石等から電線を保護
  • ・車両床下配策ルートに合わせて曲げ加工することで経路を規制
  • ・放熱性に優れ高温部位でも使用可能
  • ・組立性向上(形あるハーネスのため車両工場での組み付け性が容易)
  • ・開発リードタイム短縮(樹脂プロテクタのような金型設計が不要)