社長メッセージ

私たち住友電装グループは
「住友事業精神」、「住友電装グループ基本理念」、「住友電装グループ企業行動憲章」を経営理念とし、
住友ハーネス事業の行動原則である「SWS WAY」のもと、グローバルに事業活動を展開していきます。

自動車用ワイヤーハーネスのグローバル企業

1917年に電線製造会社として創業した住友電装は、電線で培った技術を根幹に、時勢の変遷をしっかり捉え、その時々に確固たる事業基盤・領域を築き上げ、自動車用ワイヤーハーネスのリーディングカンパニーとして、世界を舞台に躍動するグローバル企業に成長いたしました。
今、自動車業界は、100年に一度と言われる大きな変革期に直面し、電動化・自動運転・コネクテッド・シェアリングといった新しい領域で技術開発が求められています。私たちは、時代の変化・流れを確実に先読みし、自動車用ワイヤーハーネス事業で築き上げた「つなげる、つながる」技術を基礎に、常にお客様視点に立った新製品・新技術開発を進めてまいります。

22VISION

住友電装グループは現在「ワイヤーハーネスをコアとするメガサプライヤー」をめざし、住友電工、オートネットワーク技術研究所との三位一体による協業をより強固なものにしています。そして、2022年度を最終目標年度とする中期経営計画“22VISION”の実現に向け、「モノづくり力の強化」「開発力・提案力の強化と製品化のスピードアップ」「人財・組織力の強化」を重点推進項目として、住友電装グループが一体となって取り組んでいます。次の100年につなげられるよう、グループの総合力を結集して邁進してまいります。

Connect with the Best

住友電装グループがここまで成長することができたのは、誠実と信頼を基本に、法令を遵守し、倫理に適った、良識ある事業活動を行ってきたからにほかなりません。基本理念である「Connect with the Best」にも、私たちがかかわるあらゆるつながりを大切にし、クリーンで明るい活動を通してその信頼を高め、どこにも負けない強固な関係を築き上げていく、との想いが込められています。私たちの製品・技術が担うつなぐ役割はもとより、お客様・人・地域・世界とのつながりを「マーケット・イン」の視点に立ってより強固にし、未来につなげる事業活動を志してまいります。

SWS WAY

住友ハーネス事業の行動原則である「SWS WAY」は、プロフェッショナルである従業員一人ひとりが、チーム一丸となり、誠実かつ実直にチャレンジを続けてきた住友電装グループの誇るべき企業文化であり、ワイヤーハーネスのグローバルトップ企業となった、強みそのものです。私たちは、この行動原則に常に立ち戻り、グローバルトップ企業で働くことの自信と自負を持って、「世界中のお客様からなくてはならないパートナー」として信頼される企業であり続けます。

住友電装株式会社
代表取締役 執行役員社長