みえのイクボスキャラバン「イクボス養成講座」を開催しました

2017年12月28日 住友電装株式会社


2017年12月25日に三重県との共催で住友電装本社にて、みえのイクボスキャラバン「イクボス養成講座」を開催しました。
今回は、三重県内にイクボスの考え方を広めるという県施策を踏まえ、当社社員のほか、イクボスに関心を持つ企業・団体の代表や人事ご担当者なども対象に公開講座として開催しました。

日時 2017年12月25日
場所 住友電装本社
参加者数 73名
<参加者の声>
講師の川島さんは、ワーク(しごと)・ライフ(自分ごと)・ソーシャル(社会ごと)の3つを実現できるよう行動しており、部下、次世代、社会を育てる「イクボス」を世の中に増やす活動をしています。今回、仕事時間を減らしながらも成果を出し続け、自分や部下のライフやソーシャルの時間を生み出すのがイクボスであり、一つ一つの小さな実行の積み重ねが大切というお話を聞きました。 育児や家事に関わる男性が増える街を目指している「パパスマイル四日市」は、メンバーの大半がサラリーマンです。自分自身、自分の上司、わが街の上司が皆イクボスになるように、私達が出来ることから一つ一つ活動していければと思いをあらたにしました。
(パパスマイル四日市:岸田諭祀さん)

<Photo Gallery>

イクボス講座の様子
    これからも社内にイクボスの輪を広げ、「世界で一番働きがいのある、活力ある会社」をめざします。