HOME > SWSニュース > 電波暗室付シャシダイナモ実験棟建設のお知らせ
SWSニュース

SWSニュース 2014年度

2014年度のニュース一覧へ

2014年7月24日
住友電装株式会社

電波暗室付シャシダイナモ実験棟建設のお知らせ

 住友電装は、電波暗室付シャシダイナモ実験設備を備えた実験棟を当社鈴鹿製作所に新たに建設いたします。また、本実験棟建設に伴い、本日、三重県及び鈴鹿市と立地協定に調印いたしました。

 当社グループの客先である自動車業界は、電気自動車などの環境対応車両、安全運転を実現・支援するシステム、車内外との通信機能を拡充するソフト・ハードの開発など、自動車の「環境」「安全」「利便・快適」を追及する開発を進め、これに伴い、エレクトロニクス製品や通信技術の一層の高速化・高度化・信頼向上が求められています。

 このような中で当社グループが客先の期待に応える製品開発を進めていくためには、大容量の情報通信や高電圧大電流が混在するワイヤーハーネス及びエレクトロニクス製品において、客先の車両開発の企画段階から、信頼性を検証し、作り上げ、提案していくことが重要になってきています。

 そこで、実車走行状態における各種性能・事象の評価技術を構築することにより、顧客ニーズをいち早く織り込み、戦略的かつ提案型のコンセプトイン活動を進める目的から、本実験棟を建設することとしたものです。

 本実験棟には、電磁波の干渉・散乱を軽減するための電波暗室を設け、その中に、車両の走行状態を再現できるシャシダイナモを設置します。これにより、車両走行状態での、車載電子システムの制御性能とその健全性の評価が可能となり、より速い製品開発と、高い信頼性の作りこみが実現できるものと考えております。

 当社グループは、中期経営計画“17Vision”の実現に向け、引き続き、マーケット・インの視点から、顧客の信頼に応える製品開発をグローバルに進めてまいります。

建設予定地 当社鈴鹿製作所(三重県鈴鹿市三日市町字中之池1820番地)
総投資額 19億円
投資内容 建屋・電波暗室・シャシダイナモ・その他実験設備
建屋構造 鉄骨造り2階建て
延床面積 1,638㎡
着工 2015年 3月
完成 2016年 8月
稼働 2016年10月

以  上

     【 本件に関するお問い合わせ先:総務部広報グループ TEL 059-354-6201 】