HOME > SWSニュース > 2014年入社式社長挨拶要旨
SWSニュース

SWSニュース 2014年度

2014年度のニュース一覧へ

2014年入社式社長挨拶要旨

社 長  井 上 治

 2017年に当社は創業100周年を迎えます。その2017年にワイヤーハーネス業界において、グローバルNO.1となるべく、『17Vision』という中期経営計画に基づき、現在活動しています。皆さんには、その若い力を存分に発揮していただき、17Vision達成に貢献してほしいと思います。

 ここで、皆さんの社会人としての門出にあたり、次の3つのことをお願いします。

1.『周りから信頼される人になってほしい』

 仕事はチームプレーであり、先輩や上司等多くの人との係わり合いの中で結果を生み出していきますが、そのためには、まず一人ひとりが相手を信頼し、相手からも同じように信頼される、良好な人間関係を構築することが大切です。周りから信頼される人になってはじめて、質の高い製品や付加価値の高いアウトプットができるということです。

2.『グローバルに活躍できる人になってほしい』

 「モノづくりとは、即ち人づくり」であり、お客様の要求を満たし得る品質水準を確保するためには、当社グループ全従業員の人材育成「人づくり」が大切だと考えています。当社では既に海外32ヶ国で生産、開発、営業活動を行っています。今後もこれらの事業を拡大させていくためには、皆さんを始めとした従業員一人ひとりが、真の意味で「国際的に通用する人になる」ことが求められます。「国際的に通用する」ということは、海外を相手に単に外国語を使って仕事ができるといった狭い意味ではなく、国内外を問わず、相手の価値観を尊重し、共有でき、グローバルな視点で物事を考えることができるグローバルマインドを持ったプロフェッショナルとして必要な能力を身に付けることです。若い皆さんには、一日も早くグローバル人材として現場の第一線で活躍することを望んでいます。

3.『目標を持ち、自己研鑽に努めてほしい』

 企業を取り巻く事業環境が急速に変化する中で、一人ひとりが最新の知識や技術を習得することがますます重要になっており、社外でも通用するような能力、技術を有するよう、自ら高い目標を課して自己研鑽に努めてほしいと思います。会社としても皆さんの能力を伸ばす手助けを可能な限り行っていきますが、基本は自己研鑽であり、一人ひとりの地道な努力の積み重ねが組織力となり、ひいては会社全体のレベルアップに繋がると考えています。

  [ご参考]

4月1日付 総合職入社者 98名 (事務系28名  技術系70名)
4月1日付 一般職入社者 45名 (事務系26名  技術系19名)

以  上