HOME > SWSニュース > 障がい者の雇用促進に向けた子会社を設立
SWSニュース

SWSニュース 2013年度

2013年度のニュース一覧へ

2013年6月5日
住友電装株式会社

障がい者の雇用促進に向けた子会社を設立

 住友電装株式会社(本社:三重県四日市市、社長:井上 治)は、障がい者のさらなる雇用促進に向け、「障害者の雇用の促進等に関する法律」(以下「法」)に基づく特例子会社の認定取得を前提とした子会社「SWSスマイル株式会社」を設立いたしました。

 当社グループは、障がい者雇用に積極的に取り組んでおりますが、障がい者の就労環境や作業条件、能力に応じたサポート体制など、障がい者雇用にはきめ細やかな受け入れ体制が求められ、同一企業内での雇用形態では柔軟に対応することが困難な場合もあります。
 そこで今般、障がい者雇用をさらに促進させる目的から、障がい者雇用に特別の配慮をする子会社として「SWSスマイル株式会社」を設立したものであります。今後、法に基づく特例子会社としての認定取得に向け、早急に手続きを進めてまいります。

 同社では、障がい者が能力を最大限に発揮できるよう作業設備・器具や職場レイアウトの整備を行うとともに、安全面、リスク面にも最大限に配慮をした環境の整備を進めてまいります。
 このような職場環境のもとで、同社は、当社グループの社内で発生した不要物の分別・リサイクル作業や、製品梱包容器の清掃などの業務を担当し、さらに将来的には、機密書類の処分やファイルの電子化などの事務サポート業務、緑化事業などにも取り組んでいく計画です。

 当社グループは、今後も、障がい者を含め全ての人が個々人の能力を最大限に発揮し、活き活きと働くことのできる職場環境づくりに取り組んでまいります。

以  上

     【 本件に関するお問い合わせ先:総務部広報グループ TEL 059-354-6201 】