HOME > CSR活動 > 環境とのつながり
CSR活動

環境とのつながり

イメージ画像

環境保全理念

住友電装グループは豊かな社会の実現に向けて、環境保全を積極的に配慮した事業活動を展開する。

環境保全行動指針

  1. 製品の企画・開発・設計・工法・生産・物流・使用・廃棄の各段階において、環境保全技術の開発・向上に努め、生態系に及ぼす影響と資源保護に配慮した物づくりを指向する。
  2. 国・地方公共団体などの環境規制を遵守することはもとより、自主的な規制により環境への負荷の低減に努める。
  3. 環境監査等により、環境保全計画の達成状況と職務遂行の健全性を確認して、環境管理レベルの維持向上を図る。
  4. 海外も含め住友電装グループの環境意識の向上を図り、地域社会との交流を通じて、環境保全活動を推進する。

環境配慮型製品

住友電装グループは、製品を通して地球環境保全に貢献するため、2005年5月に当社独自の規準に基づく『エコシンボルマーク認定制度(環境配慮型製品認定制度)』を発足させました。
認定製品の売上比率を高め、さらなる環境配慮型製品の拡大に向けて取り組んでいきます。

エコシンボルマーク画像

エコシンボルマーク

環境展

環境への意識を高めるため、毎年国内各拠点で環境展を開催しています。
その年ごとにテーマを設け、従業員はもちろん、地域の方など社外の方にも広く公開しています。

写真:環境展

環境展

詳しくはこちら